【もっと知る!岡山果物】

ここでは岡山が誇る桃と葡萄に関して少しマニアックな情報をお伝えします。
その長い歴史であったり、岡山ならではの栽培法やこだわりであったり、岡山果実の奥の深さを知って頂けたらと思います。なぜ岡山の果物は世界的に評価されているのか?なぜクオリティの高さを持続していけるのか?等々、
ぜひ、御一読ください。

晴れの国・岡山の果物(フルーツ)について

岡山から白桃の歴史は始まった

tate_image_sui2.jpg

明治8年(1875年)、中国から導入された上海水蜜や天津水蜜などは、それまでの日本の小さく固い桃とは違い、大きさや甘さに置いてもとても優良な桃でした。しかし、この時点では現在のようなデリケートで香り高い桃とは異なり、しっかりとした肉質で果汁も多くありませんでした。

明治34年(1901年)に、ここ岡山で大久保氏により産声をあげたのが現在流通している桃のルーツとなる「白桃」、現在「本白桃」と呼ばれている品種です。
柔らかい肉質に桃特有の香り、そして溢れんばかりの甘い果汁、どれをとっても、今までの桃とは別格の美味しさでした。
日本に置ける全ての白桃の歴史と、その栽培法の蓄積は岡山の『白桃』から始まったのです。

独自の進化をする岡山の桃

お気づきの方も多いと思いますが、岡山の桃は外見の白い桃が主流です。同じ日本に在りながら他県は桃色の桃や赤色の桃が主流となっています。一般的には、桃の花のピンク色がそのまま、桃の果実の色とシンクロして、桃=桃色のイメージが定着しているのかもしれません。
それでは、なぜ岡山の桃は白いのか?なぜ桃色にしないのか?それには大きな理由があるのです。

更に繊細に、更に柔らかく〜

春、桃の木の花芽がほころぶ頃、枝一杯に付けた蕾をひとつひとつ手作業で摘み落として行きます。それは、木の栄養が全ての花に注がれないようにコントロールする目的と、これから実っていく果実に集中して栄養を送る為の重要な作業です。山一面の広大な桃畑もあるわけですから、それはとても大変な作業となりますが、美味しい桃を実らせる為の労力はまだまだ始まったばかりです。

受粉を終えた花は、徐々に実を太らせて行きます。第一回目の摘果、第二回目の摘果、木の勢力、枝の強さなどに合わせて着実する数を整えて行きます。そして残した幼果、ひとつひとつを丁寧に袋に収めていくのです。
当然ながらこれらの行程は全て人の手による作業です。いくら機械化が進んだ現在に置いても人の手、人の感覚、そして人の経験でしか全う出来ないとても繊細な仕事となります。

花をたくさん咲かせて、たくさんの実を成らせ、袋掛けもしなければたくさんの収穫ができ、桃自体も赤く染まり一石二鳥なのにと思われる方も居るかもしれませんが、岡山の桃栽培は、まったくその逆を行っています。
それはひとえに『大きくて甘く、繊細で美味しい最高品質の桃』『他には真似の出来ない極上の桃』を目指しているからなのです。

岡山の美味しい白桃作り(摘果)

岡山の美味しい白桃作り(袋掛け)

例えば袋に入れて大切に果実を育てるのも、直射日光にあてて果実を硬化させないためであったり、病害虫から守るためであったり、果実に傷をつける雨風をしのぐためであったりと、重要な役割があります。
沢山の手間ひま、労力、愛情があってこそ岡山が世界に誇る繊細で柔らかな『白い桃』が生まれるのです。

岡山の桃はなぜ白いのか?
それは、まだ未熟だから白いのではなく、桃農家の「世界中で一番美味しい桃を作る」という志と、「追随を許さない本物を追求する」と言った信念の証です。赤ちゃんの初々しい柔肌のような、デリケートで優しい白い桃『白桃』は、世界に自信を持って誇る「くだもの王国おかやま」独自のクオリティの象徴なのです。

岡山・最高品質、美味しい葡萄

ハウス栽培は葡萄から

岡山の美味しい葡萄ピオーネ

桃と時同じく明治の初期に導入されたヨーロッパ系統の葡萄は、日本の気候に馴染めず各地で栽培が難航していました。そんな中、岡山県の山内氏考案のガラス室栽培によるマスカット・オブ・アレキサンドリアの育成に成功し、現在のハウス栽培の基礎となっています。

葡萄の苦手とする高温多湿、更には梅雨のある日本に置いて、ハウス栽培といった画期的な発想が時を経た今でも葡萄のみならず、他の果物や野菜栽培まで活用される素晴らしい技術革新でした。

新しい栽培技術の試行や情報の収集、蓄積など歩調を緩める事なく、岡山はその後もピオーネ、オーロラブラック、シャインマスカットなど、時代の要求する葡萄を最高品質に昇格させ、常に提供しつづけているのです。

日本ではじめて栽培に成功

雨風をしのぎ、湿度温度をコントロールする。
現在の葡萄栽培ではスタンダードな技術になっているハウス栽培ですが、そこには並外れた苦労と時間と情熱が必要でした。

葡萄には大きく分けて中近東を原産とする「ヨーロッパ系ブドウ」と北アメリカを原産とする「アメリカ系ブドウ」があります。アメリカ種は日本の気候でも比較的栽培が容易であるのに比べて、ヨーロッパ種は乾燥地帯を好み、日本の高温多湿には非常に弱い性質を持っていました。
しかしヨーロッパ種にはアメリカ種に無い素晴らしい香りや甘味、果汁を持った品種が多く、どうにか日本国内でも栽培出来ないかと各地で技術開発に取り組まれていましたが、なかなか答えを見つける事ができずにいました。そんな中、ここ岡山の地で篤農家による温室栽培技術(ガラス室での栽培)が生まれ、マスカット・オブ・アレキサンドリアの栽培に成功したのです。
しかし、限られたスペースのガラス室で果樹を栽培する事は容易ではありません。
枝葉の管理や房づくり、室内温度の管理、潅水のタイミングなど、失敗と成功を繰り返しながら少しずつ少しずつ改善を行い、現在のビニールハウス栽培へと繋がっているのです。
中でも温室栽培の代表であるマスカット・オブ・アレキサンドリアは1世紀以上の間、贈答用高級葡萄としての産地化が進められ、”岡山産マスカット”の確固たる地位と名を築いています。

険しい道程を克服して来た岡山の葡萄農家だからこそ、日本を代表する「高品質葡萄の産地・岡山」の名を頂き、そしてその称号に恥じないよう、果敢に品質向上に向けて技術革新や品種改良など弛まぬ努力を今現在も重ねています。
日本ではじめて、マスカット・オブ・アレキサンドリアの栽培に成功したパイオニアとしてのDNAが脈々と引き継がれているのです。

一房の姿にもこだわる岡山の葡萄

葡萄の花芽は沢山の集合体で房を形成しています。そのままの状態で結実してしまうと、栄養が分散して美味しい葡萄に熟しませんし、葡萄としての美しさも損なわれてしまいます。その為にまず蕾の段階で房の形を整え、次に果実が肥大に伴い粒が混み合わないように完熟したビジョンを想定しながら粒の間引きを行います。まるで伝統工芸のような確かなスキルにより成り立つ作業です。
とても細やかなで経験と技術を要するプロセスですが、他では味わえない極上の葡萄を作り出すためには必要不可欠な行程です。

まさに”樹と対話”をしながら、幾重にも積み重ねた手間ひまの結晶が、他の追随を許さない岡山の葡萄なのです。

岡山の美味しい葡萄作り(花摘み)

岡山の美味しい葡萄作り(粒摘み)


また、葡萄も桃と同じように、果実を病害虫や薬剤から守る為「袋掛け」を行います。
一房、一房、手作業で大切に包み、果物としての品質や美しさ、品格までも追求しているのです。
それは、愛情と手間ひま、良い葡萄作りの信念があってこそ「世界に誇れる岡山の葡萄」で在り続ける事を生産者が理解しているからに他なりません。

岡山・最高品質、美味しい葡萄

葡萄を包む白い粉について

岡山の葡萄には白い粉が着いています。一見して薬品のような印象を持たれるかもしれませんが、この白い粉の正体は「ブルーム」と呼ばれる果実に含まれる脂質成分から作られた蝋(ワックス)です。
大切な果実を雨や病気から守り、果汁の蒸発を防ぐ為に果実自身が行う生理的な働きで、葡萄の他にもブルーベリーやリンゴが有名ですが、実は桃にもブルームがあるのです。ただ桃の場合は表皮が淡色のため目立たないのに比べ、逆に黒葡萄(ピオーネやオーロラブラックなど)はブルームの白色が際立ちます。

このブルームは、収穫作業の丁寧さや収穫後の鮮度の目安となりますので、岡山の葡萄農家はブルームを落とさないよう慎重に収穫や箱詰めなどを行っています。
白い粉の着いている岡山の葡萄は、丁重な仕事がされた鮮度の高い果実であることを覚えてください。

他にも色々、岡山葡萄の話

その1:種無しピオーネの開発。

今では当たり前となっている種の無いピオーネ、その無核化技術を開発したのも岡山です。以前は種有りのピオーネと差別化するために「ニューピオーネ」と呼び分けしていましたが、現在では種無しが主流となりましたのでピオーネと表記されていてもほとんどは種がありません。

その2:岡山葡萄の房は楕円形。

他県の葡萄の房は逆三角形の形状ですが、岡山の房はラクビーボールのような縦楕円形に整えています。それは、房姿の美しさを表現する為の卓越したテクニックでもあります。「日本特有の美意識」とも言える一流のこだわりが、房姿にまで現れているのです。

その3:世界トップクラスの栽培技術。

3000年以上の栽培歴史を持つ葡萄、世界中で栽培されている果実ですが、生食用葡萄の栽培技術は岡山がトップクラスに在り、世界各国から多くの農業者や研究者が技術研修・視察に訪れ、岡山果実の栽培法や技術、そして果物作りの考え方を学んでいます。

岡山の美味しい果物

o_icon.pngspace1.pngp_1.pngspace1.pngg_1.png

最高品質の岡山県産果物・トップページ最高品質の岡山県産果物・トップページ

晴れの国・岡山の果物(フルーツ)について晴れの国・岡山の果物(フルーツ)について

岡山・最高品質、美味しい白桃岡山・最高品質、美味しい白桃

岡山・最高品質、美味しい葡萄岡山・最高品質、美味しい葡萄

岡山の果物(フルーツ)について岡山の果物(フルーツ)について

美味しい果物達(フルーツ)美味しい果物達(フルーツ)

campaign_kage2.png

slide_s_b.pngslide_s_b.png
日本最高品質の果物達、岡山クオリティをスライドショーで体感!
BAR.psdBAR.psd
最新のニュースはこちらから
oishii.jpgoishii.jpg
リンク:JA全農おかやま園芸部
okayama_jp_20040.jpgokayama_jp_20040.jpg
リンク:岡山県の総合情報サイト

pri.pngpri.pngmaps.pngmaps.png